PR
Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ようこそ
ブログパーツUL5
「なもこ」へのメールフォーム
直接の連絡は、こちらをご利用ください。
検索の多いトピック

●舞台用ヘアメイク(ペラ、声楽発表会、合唱本番)

●合唱の衣装(女声)

●第九合唱をうまく歌うコツ

●耳下腺腫瘍(多形腺腫)についてのまとめページ

New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
#292 うまく入ったとき
0
    ハイCから先のEsなど、ここのレッスンに来たときは出なかった。
    いつの間にか出るようになし(先生に出させられ)、先生も出るようになったと(!!!)。
    先生いわく、
    「クチの前から奥にかけて、かまぼこ板みたいなのを斜めに突っ込み、それをガッ!!!と前に回転させるような感じ。それによって、いままで20何年間使ったことのない粘膜の部分の、今までと違うところに空気を通すことができるようになって高音が出るようになった」
    「斜め方向をガッと回転」はよくわかる。たしかにハイCあたりから違う場所に入る。そしていったんそこがあくと、その後の中音域もぜんぶそこに入り、楽ちんな発声になる。(最初からその発声練習をやろう。)
    音域によって、ここは胸声を使う、ここはミックスボイス、、、などとウダウダやってきたけど、まったくの間違いだったなと思う。
    すべて、どの音域も同じ。ノドの後ろ(声帯の後ろ側)に息を通す。圧力をためてから、声をだす。その圧力をかけ続ける。
    これなんだよな。このことを、いろいろな先生がいろいろな表現するんだ。
    ジルダ、アンサンブル。テノールのクラスメイトが増えて、重唱できるようになった。楽しい。練習しないと。やることがたくさんあるんだ。
    posted by: なもこ | 歌レッスン(L)(2009- | 23:30 | comments(0) | - | - | - |
    #291 久しぶり、耕す
    0

      耕す・・・・
      作っては壊し、作っては壊し。

      今日はお腹を起点にして、
      息を通す、息を流す

      管(くだ)になる。

      posted by: なもこ | 歌レッスン(L)(2009- | 21:54 | comments(0) | - | - | - |
      耳下腺多形線腫28:定期検診「順調な回復」
      0

        本番の曜日を間違えていて(!)、ギリギリのスケジュールでの定期検診だったが、順調に終わって、さらに余裕な感じ。

         

        順調な回復、いーとやってウーとやって。しびれの範囲は狭まっている。後遺症はこれからでるかも。また6月に。

        先生の診察、3分。

         

        会計の待ち時間40分は勘弁してほしいなぁ。

         

        posted by: なもこ | 耳下腺多形腺腫 | 22:58 | comments(0) | - | - | - |
        #290 レスン 胸のあたりを通す
        0

          自分は土管シリーズ。
          吸い込んで、胸のあたりを通す。
          は??

           

          歌いに行かないてことか。
          ジルダ、れんしゆう

          posted by: なもこ | 歌レッスン(L)(2009- | 18:47 | comments(0) | - | - | - |
          ドイツレクイエム@秦野文化会館
          0

            ○先生が指導し、Mさんが出演するドイツレクイエムを聞きに秦野文化会館まで。この「はだの」という場所が、むやみやたらと遠い。町田、までは7月に行ったばかりだが(初上陸)、その先、相模大野の先だ。何かあったら帰れない、空が大きくて、逆に心細くなるという状態を感じて、新宿から65分。電車に乗りっぱなし。

             

            駅についたら驚いた。ほとんどクローン?と思うような似た背格好のおばさま達が、数10人規模で、固まって歩いていた。バッグが開いている人がいたのでちらっとみたら、やはり私と同じく紫色のチケットをもっている。これはえらいことになった。駅から会場までバス1本しかないのだ。予想どおり、東京の朝のラッシュ以上のぎゅうぎゅう詰めで、バスに乗り、やっと会場到着。こちらもえらいこっちゃ、1200人ホールが満員だ。さすが山田和樹さん(あとできいたら出身地だそうで??)。帰りのタクシーを手配する。ありがとうHさん。

             

            合唱は、前プロの「丹沢賛歌」は、「ん?」と思ったけど、ドイツレクイエムになって、合唱が増えて(武蔵野合唱団)、180人を超す人数だった。この人数は大変だ。やはり、全パートが揃って歌う箇所などは、相当な迫力であり、気合を感じた。

             

            ドイツレクイエム、歌ったはずなのに、あまり覚えていない。今聞いてもやはり難しい曲だし・・。各パートにオケを突き抜けて聞こえてくる声があるが、それはよいのか悪いのか?山田さんの指揮は、歌いやすそうだった。いつか歌ってみたい。

             

            そして、帰りは手配したタクシーと65分の電車で腰が痛い。偉いわ。夜のレスンはお休みにした。作戦会議。

            posted by: なもこ | 演奏会鑑賞 | 00:06 | comments(0) | - | - | - |