オペラサロントナカイ(2)

  • 2007.08.28 Tuesday
  • 23:54
オペラを聴きながら食事ができるオペラサロン・トナカイに行ってきた。今回で2回目。前回トナカイに行った時は、演奏会形式のオペラ上演の日(セビリアの理髪師)だったけど、今日は通常スタイル(?)の日。歌手がMCをしながら短い曲を歌い、テーブルに運んでくれる料理をいただきながら鑑賞する。満席だった前回と違い、お客様16名。「今日はまだまし」なほうとのこと。自分のための音楽会のような気がして、贅沢ー。

今日のお目当ては、メゾソプラノ・小林真美子さん。セビリアの理髪師の時も思ったけど、声量、声質、ビジュアル、キャラクタとも、すんばらしい!トークもかわいらしく盛り上げて、スッと歌の世界に入る。そこでは本当に女優。一瞬にして空気が変わる。その劇の中に居るってことだなと思った。日本歌曲「彼岸花」が秀逸。低いほうの音域も聴かせてくれた。低くても響く〜。いいなぁ、メゾソプラノ。彼女の話の中で「メゾソプラノは悲しい女の役が多い」そうだ。第2幕で会場のみなさんと合唱したときも、お一人で下パート(正確にはワタクシとふたり)歌っても、響く響く。あんなに遠くにいるのに、彼女の下パートが聞こえるのはなぜ?って思っちゃった。

バリトン笹倉氏もよかったー。場なれした感じで、コミカルに盛り上げて、歌姫ふたりを引き立てる。魔笛のソプラノリコーダ付きパパゲーノ、よかった〜(これ、いただきっ!)。声ももちろん、甘いバリトン。彼のトークによると、オペラ歌手はいつでも「椿姫」と「ランメモールのルチア」を歌えることが必要なんだそうな。バリトン歌手は、これに加えて「カルメン」のかっこいい役と、あともうひとつ。

今日の鑑賞は、マイミク・ムコ殿さんにお誘いいただき、ウタ友おふたりととご一緒した。これも音楽つながりのご縁。3年前の私にはありえないこと。人生、どこでどう変わるかわからないね!!
出演データ
田中樹里(SLi) 小林真美子(MSg) 笹倉直也(BrL) 村田千晶(Pf)
演目
夜想曲、トロイメライ、ノクターン(以上、ピアノ)
ひぐらし(?)、彼岸花、せみの歌(?)、(MS)
魔法使いのアリア(?)、歌に生き恋に生き、(SOP)
鱒、オーソレミオー、パパゲーノ登場のアリア(BR)
ハッピバースディ、夏の思い出(合唱)

スポンサーサイト

  • 2017.08.08 Tuesday
  • 23:54
  • 0
    • -
    • -
    • -
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    学校で買うと茶色なので、個人的に好きな白(アイボリー)にしました。娘も喜んでます♪子供の学校用に買いました。白のリコーダーってちょっとおしゃれかなぁって。親の満足かも。でも学校での販売より送料含んでも500円ほど安かったですよ。お買い得でしょ♪・[運Lv10
    • リコーダーの1日
    • 2007/09/15 10:35 PM

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    ようこそ

    ブログパーツUL5

    「なもこ」へのメールフォーム

    直接の連絡は、こちらをご利用ください。

    検索の多いトピック

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM