PR
Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ようこそ
ブログパーツUL5
「なもこ」へのメールフォーム
直接の連絡は、こちらをご利用ください。
検索の多いトピック

●舞台用ヘアメイク(ペラ、声楽発表会、合唱本番)

●合唱の衣装(女声)

●第九合唱をうまく歌うコツ

●耳下腺腫瘍(多形腺腫)についてのまとめページ

New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
惑星出演(2日目)@ミューザ川崎
0
    歌ってきた。やっぱり、なんて難しい曲なんだろうと、つくづく思う。演奏が始まると、オケの弦楽器は弦がゆるんできてピッチが下がるが、管楽器はあったまってピッチが高くなるという。舞台裏で442Hzにあわせても、その瞬間の、ナマの管楽器のピッチには、とうてい及ばないという…。どんなに頑張っても音が下がって聞こえる。。。「やることは全部やった、この合唱団の限界までいった、後はこんな曲を書いたホルストに文句言おう」って○センセ。2日目のほうは、パート同士の密着感が強かったし、自分が歌うところはちゃんと歌えたし、少なくとも442Hzのキーボードにはあわせられていた。例によって、前後の時間は大騒ぎして、音響テストの間さえもわくわくで、シンガーズハイの瞬間もあって楽しかったのだけど、ほんの少し「ヤラレタ感」の残る本番だった。

    今回は舞台左側の5階通路、舞台袖から急な階段を、2階分、昇る。川崎ミューザは丸い不思議なホールで、通路も丸く曲がっている。「50人が2列で通路に並んで歌う」というごく普通のことが、ものすごく難しいことになる…。何回かの音響テストでも、聴こえないといわれ、予定よりかなりの前進守備、歌わないパートは通路の小さなくぼみの中に退避することに。全員が歌い出だすまでの間奏3小節で体制をたてなおして整列、それでも間に合わないので、休符のあるパートが手伝って歌うことになった。しかしそこは棒が出たら何がなんでも歌う惑星組、「臨機応変」「変化に柔軟に対応」という言葉の意味を学んだ気がした。何があっても「オッケな体質OK」になった気すらしてくる。

    本番。53人の白黒スタイルの女声が、体育すわりで、無言で出番を待つ。木星の始まった頃からだから20分くらいだろか…。1畳に4人くらいの密集度。冷房はかすかで、汗だらだら。みんなの白い背中を見てると、ドキュメンタリー写真に取りたいくらいの光景だった。海王星が始まると、影振りの「Mのぽん先生」をぐるっと取り囲んで整列。すごい熱気の中で歌が始まる。普段は皆、同じ方向を向いているので、誰がどんな顔で歌っているのかってあまりわからない。でも、今回は違った。みんなの歌っている顔を見て、身体の存在をしっかり感じて、自分も楽器のひとつとして演奏に参加する……。

    すごいことだと思った。元気でないと、ここに来る階段でさえ昇れない。みんながいろんなことを乗り越えて、エネルギーを結集させて歌うということが、すごいと思った。こんなすごい体験を共有できたメンバーのみんなに抱きついて、ありがとうと言いたくなった。(実際、たくさんの人に抱きついちゃった・・・たらーっ汗)。

    ありがとう。

    ピアノの*なえ先生も、今回は一緒に汗だくで、舞台裏で、床にはいつくばって(!!)キーボード弾いてくれた。本当にありがとう。○センセも、ジムコンビも、扉開け閉めしてくれたステマネにも感謝。みんなで作る音楽って感じだった。そして素晴らしい指導をしてくれたPセンセもありがとう。一緒にダメだし&ちらホメして(←ツンデレの法則)ほしかったです。

    これでC合唱団の星組は解散して、母組に合流。次の演奏会は、どんな精神状態で過ごすんだろ。あ、その前に、八ヶ岳とか、伝統とか、Xコンとか、いろいろあるんだけど。元気で頑張らなきゃ(^_^)
    あ・・・・!。今回、ツボにはまりまくりな「泰ちゃん語録」を…。

    「宇宙の果ての・・アレからアレですから・・・」

    やっぱり、泰ちゃんLOVEラブ
    今回は、モニター越しで、ワンマンショーのようなお姿しか見られませんでしたが、リハーサルの時のこのお言葉を胸に、アレでした。

    そして、Mのぽん!ありがとう。早くビッグになって「マエストロ」と呼ばれてね。

    追記
    帰ったら体重減ってた。木金土で食べたものメモ
    朝バナナ2本、昼サンドイッチ1/2、夕方ピザ1辺、クリスピードーナツ1/3、夜ピザ1辺
    朝バナナ2本、昼クレープ+野菜、夕方ドラ焼き1/2、バームクーヘン、夜杏仁豆腐
    朝マフィン1個、昼シュークリーム2個 現在に至る。
    その他、水+カフェオレ+ビール=6リットルくらい?
    ほとんど炭水化物とカフェオレで過ごしてたなぁ。
    私は歌イベントの時は、ぜんぜんオナカが減らなくて、とても不思議。脳内ホルモンのせいだと思う。

    嬉しい差し入れ、ありがとうございました。

    追記(7/29)
    ご来場いただいたお客様のブログを見ると、「合唱があれほど大勢いたと思わなかった」という感想が多い。やっぱりそう思うだろうなー。7パートに別れていて、4分間のほとんどをppでお届けするのだから(歌っているほうはフォルテ、扉の開閉で強弱をつけた)、7×7人で50人くらい必要なんだろうなと思う。オケと一緒のP席などで歌うのだったら20人くらいでよいのかもしれない。しかしホルストが「コーラスはoff stageで」と指定してるのよー。聴こえ方も客席の位置によって違うらしい。「値段が高い席のほうにあわせる」という方針は、可笑しいけど、正しいと思う(笑)。
    posted by: なもこ | 出演したよ | 15:22 | - | trackbacks(2) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 15:22 | - | - | - | - |
      この記事のトラックバックURL
      http://namochin.jugem.jp/trackback/270
      トラックバック
      2007/08/02 2:17 AM
      27日(金)。
      『こたつ』の音楽日誌
      2007/07/29 10:26 PM
      2007年7月27日(金)20:00ミューザ川崎シンフォニーホール指揮:飯守泰次
      音楽の都