PR
Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ようこそ
ブログパーツUL5
「なもこ」へのメールフォーム
直接の連絡は、こちらをご利用ください。
検索の多いトピック

●舞台用ヘアメイク(ペラ、声楽発表会、合唱本番)

●合唱の衣装(女声)

●第九合唱をうまく歌うコツ

●耳下腺腫瘍(多形腺腫)についてのまとめページ

New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
レクイエムを勝手に考える
0
    今日のリハーサルでマエストロが「レクイエムは、(私たちが考える)しんみりしたお葬式ではなく、光。死んで天国にいく(天に昇る)希望、喜びの歌」とおっしゃっていた。

    宗教感の薄〜い、一般的な日本人である私には、死んで天に昇る、それが喜びだということが、にわかには理解しがたい。死んだら土に返る、(そして気が向いたら何かに生まれ変わる)というほうが、まだ納得できるかも。


    去年ヴェルディのレクイエムを歌うときにも「??」と思って、いろんな本を読んでみたのだけど、「ふーん、そうですか」ってわかっても、自分のこととして「受け入れる」には、その距離が何万光年もある、って感じ。

    レクイエムの日本語訳を読んでも、最初こそ「彼らに安息を(dona eis requiem)」って言っている(彼らって誰?死者?)のに、いつのまにか、目的語がすりかわり「私をお助けください(salva me)」「私をお導きください(voca me )」「私の臨終を取り計らってください(gere curam mei finis)」となる。

    その後、思い出したようにまた「彼らを(eis)」がちょっと出てきて(lacymosa)、いったん「すべての死せる信者の魂をお救いください(livera animas omnium fidelium defunctorum)」と、勝手にプロジェクトスコープを拡大した後、また「彼らを死から生にお移しください(fac eas, domine de mort transire ad bitam)になって、その後とりあえず「彼ら」といい続けて終わる。

    まぁ何でしょうね。どさくさにまぎれて自分も「彼ら」の中に含めてしまって、一緒に助けてもらおうということかな…。“何”から助けてほしい?「灼熱の地獄」の恐ろしさとかは、絵で見る程度だけど(経験あったら困るが)、本当に恐ろしいのは・・・絶望・・・・かな。

    信仰関係なく、生きる希望、望みを失うって、恐ろしいことだと思う。(信仰のある人は、「生きる希望=教祖とか、キリスト様とか、信仰そのもの」なのだろうと思うけど…。)たいそうな「望み」でなくても「明日コレを食べよう」とか「あの人に会おう」とかでもいいのだけど。そういう、普通に生きていく上でのモティベーションがなくなったら、人はとても苦しい。

    私にとってのレクイエムのお願い事項部分は、「絶望の淵に私を落とさないでください」ということだと、勝手に決めた。私も一瞬ヤバかったけど、たくさんのお友達のおかげでなんとか踏みとどまって、今は、かなりこちらに戻ってきた。そいういう感謝をこめて。

    ア〜〜〜〜メ〜〜〜〜〜〜ン♪(←ここは4回音を取り直す(笑))

    追記10/10
    何人かがコメントをくださった。超個人的見解に賛否両論。にわかクラシックファンのわたくしには、ちょっと大胆でした(汗。
    …にしても、モツレクの最後はハッピーエンドではないように思う。和音的には解決していないのでは?…。どのパートもレ(D)とラ(A)しかなく、長調と短調を決めるファ(F)か♯ファ(Fis)の音がないの。これ、たしか昨年のヴェルレクも同じで、ハッピーエンドではないと聞いた気が…。こんなにお願いしても、まだ次への期待を持たせるのかな?働いた分はその分だけ救いをくれてもいのに…と思うけど…。
    posted by: なもこ | 出演したよ | 01:22 | - | trackbacks(1) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 01:22 | - | - | - | - |
      この記事のトラックバックURL
      http://namochin.jugem.jp/trackback/134
      トラックバック
      2007/07/18 7:45 AM
      レクイエムレクイエム(Requiem、レクィエムとも書く)は、ラテン語で「安息を」という意味の言葉であり、以下の意味で使われる。# 死者の安息を神に願うカトリック教会のミサ。 上記のミサで用いる曲。完全ミサ曲のひとつ。またそれに想を得て作られた曲。古今、多くの
      クラッシックの世界