ドイツレクイエム@秦野文化会館

  • 2017.03.21 Tuesday
  • 00:06

○先生が指導し、Mさんが出演するドイツレクイエムを聞きに秦野文化会館まで。この「はだの」という場所が、むやみやたらと遠い。町田、までは7月に行ったばかりだが(初上陸)、その先、相模大野の先だ。何かあったら帰れない、空が大きくて、逆に心細くなるという状態を感じて、新宿から65分。電車に乗りっぱなし。

 

駅についたら驚いた。ほとんどクローン?と思うような似た背格好のおばさま達が、数10人規模で、固まって歩いていた。バッグが開いている人がいたのでちらっとみたら、やはり私と同じく紫色のチケットをもっている。これはえらいことになった。駅から会場までバス1本しかないのだ。予想どおり、東京の朝のラッシュ以上のぎゅうぎゅう詰めで、バスに乗り、やっと会場到着。こちらもえらいこっちゃ、1200人ホールが満員だ。さすが山田和樹さん(あとできいたら出身地だそうで??)。帰りのタクシーを手配する。ありがとうHさん。

 

合唱は、前プロの「丹沢賛歌」は、「ん?」と思ったけど、ドイツレクイエムになって、合唱が増えて(武蔵野合唱団)、180人を超す人数だった。この人数は大変だ。やはり、全パートが揃って歌う箇所などは、相当な迫力であり、気合を感じた。

 

ドイツレクイエム、歌ったはずなのに、あまり覚えていない。今聞いてもやはり難しい曲だし・・。各パートにオケを突き抜けて聞こえてくる声があるが、それはよいのか悪いのか?山田さんの指揮は、歌いやすそうだった。いつか歌ってみたい。

 

そして、帰りは手配したタクシーと65分の電車で腰が痛い。偉いわ。夜のレスンはお休みにした。作戦会議。

ワグネル・ソサエティー・OBオーケストラ第81回定期演奏会

  • 2017.02.12 Sunday
  • 23:49

久々の耳の洗濯。

3曲ともハデハデでいい曲だった。

「展覧会の絵」ってピアノバージョンしかしらなかった。

意外とくらい曲(絵)もあるんだと発見。

ぶわんと音が飛んでくる。オーケストラはいいなぁ!!

特に弦楽器が安定してうまい。お誘いありがとうございました。

続きを読む >>

「蝶々夫人」@駒込地域活動センター大ホール

  • 2016.11.28 Monday
  • 23:12

JUGEMテーマ:音楽

研修生が出演する定期演奏会に会社を早退していってきた。なんといても演目が「蝶々夫人」。来年2月の私達(=基礎発声コース)の発表会では、今日とほぼ同じセットと衣装を使わせてくださるというのだから、ぜひとも見に行かなくては・・!

 

で、蝶々さん。5人で交代なんだけど、ダントツに上手だったのが、坂木陽子さん。2幕の後半〜3幕のラストを担当。不覚にも涙が流れてしまった。この人は、肌が色白で美人だし、思いっきり「息が流れて」いるし。きけばフェリスの歌科を出たあと、NYに留学、源現在藤原歌劇団、子供二人、、というかなーりな「幸せ」を3つも4つも持っている人で、裏山だったわ。もちろんご本人の努力もあってのことだけどね。

 

蝶々さん、相当に難しいことが判明。そうそうに暗譜をしなくては。1幕は「幸せ感」がポイントだなぁと。ニヤニヤして歌おう。誰がどう反対しても「自分は選ばれてここにきた、幸せになるために」をつらぬこう。

 

あぁ、昨日のさようならもあり、なんだかいろんな思いが交錯して、今でもウルウル泣ける。疲れているのかな。

続きを読む >>

品川区合唱祭@きゅりあん

  • 2016.11.20 Sunday
  • 23:06

 

先生の指導する団が出る合唱祭で大井町まで。1部のトップバッターは上手だった。特別参加ってどういう意味だろう。一旦抜けて、フィットネス。13時に戻り、第二部を通しで聞く。

中でも先生の指導する「ゅいくーしぇ」は、特段に上手だった。で、良くも悪くも一人の声が突出していた。低声部がもっと声量あって安定すれば全体に整うかも?と思った。が!「ゅいくーしぇ」の選曲はやはり難しい現代曲っぽく、判断に迷う感じ。
後ろの席のおしゃべりなおじさまたち(!)も「うまいけどなんとも言い難い曲だ」と言っていた。このおじさまたち、品川区内の合唱関係者らしく、出る団出る団、次々にコメントしていく。「あの何列目が何々さん」「なんとかさん居ないな?病気かな」「あ、この団は人数減ったな」「うちわでモメたらしいよ」とかの内部情報や、「○さんってどういうひとだろう?」とか、いちいち前列まで通る声で共有してくださるので、可笑しい、そしてうるさい。
もうひとつの「やまびこ」は、さらにお姉様たちだった。こうしてステージに上がること自体がすごいね、って感じ。頑張ってて、衣装も素敵だった。
品川区の団体は、全体に年齢層高め。声も年齢ニアリ。ピアノは指揮も見ないでじゃがじゃが弾く人が目立つ。成熟したまとまった声部の声になっている団は、案外少ないものだなぁ。
来年はこのステージに乗せていただきたいなぁ。きっと楽しい曲のほうがよいな。

おじさんバンドのバックコーラス本番

  • 2016.11.12 Saturday
  • 00:22

タイトルのまんまだけど「おじさんバンドのバックコーラス本番」@秋葉原某所。

楽しかったー。ソプラノ的にはなんてことのない、上の「ミ」とか「ファ」が瞬間的に出てくるだけだったけど、みんなが褒めてくれるので気を良くして(笑)。あとは、ラ〜ソのあたりで、♪アーーとか、♪ウ、ウーとか。

音楽、楽器ができる人はいいね。一瞬で仲良しになれる。ちなみに2週間前に結成、練習1回。

 

今日このイベントに来た同じ会社の上司は、私のことを「バンドのメンバー」だと思ったらしい(笑)。「すごいねー、バンドやっているんだ!会社でばらしてもいい?」「守秘義務を守ってください」。そういうことにしておこう(笑)。

JUGEMテーマ:音楽

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

ようこそ

ブログパーツUL5

「なもこ」へのメールフォーム

直接の連絡は、こちらをご利用ください。

検索の多いトピック

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM