PR
Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ようこそ
ブログパーツUL5
「なもこ」へのメールフォーム
直接の連絡は、こちらをご利用ください。
検索の多いトピック

●舞台用ヘアメイク(ペラ、声楽発表会、合唱本番)

●合唱の衣装(女声)

●第九合唱をうまく歌うコツ

●耳下腺腫瘍(多形腺腫)についてのまとめページ

New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    CBC#71 後ろすぎる!?
    0

      前回のレッスン最初の録音を聞いて、やっぱり顔の前面からしか出ていない音色に、自分で嫌になる。

      ていうことで、きょうは徹底的に「後ろ、後ろ」と思って、あけて歌ってみた。

       

      声が後ろに行き過ぎ」「声はクチの先30センチくらいのところに細くまとめて出す」

      「イの時はベロを持ち上げて口蓋の ⌒ のカーブにそって細い隙間を作り、そこにすべらせる」
      「鼻に入れるというより、鼻の下のテントウ虫ポイント」
      てことで、かなりガッツリ直される。。。。
      落ち込んで帰ってくるが・・・。先生からメッセージ。
      「一つ新しいポジションに前進できたので、もうひとつ先のレベルに!と思ってギリギリまで要求しました」
      とのこと。コレがなかったら、地球の裏側までめり込んでいたかもしれない。
      あとは、違いがいろいろ。うーん。そうなのか。
      ソロの時は身体を開いて、肩を入れない。両腕も開くこと!

      考えてみたら、3人の先生に3日連続で習った。比較を書いてみようと思う。

      posted by: なもこ | CBC | 00:02 | comments(0) | - | - | - |
      CBC#70 相乗効果
      0

        CBCレッスン、今日はとってもいい感じだった。

        まず、息と声の方向は別(=マルケンで確認)。

        先生が「狭くなって落ちている(音程も下がっている)」という箇所は、ガガガの場所をさらにあけると解決。

        歌詞や音程(特にミ問題)によって、さらに意識して開けなくてはならない。

         

        そして声の方向。「軟口蓋と硬口蓋の境目(八のポイント)」付近に、ひゅるるんと声が入る箇所を発見。

        中音域ソ〜ドの間は、ここを使って細く入れていく。漢字の「八」っていうイメージ。

        今までの感じからいうと、「鼻に入る」に近いかなぁ。

        後ろの(ガガガの場所)は開けて息を通したまま、「八のポイント」にくいっと丸めて通す。

        太いとだめ(=マルケンで確認)、横幅細く。

         

        「そう、それ!その響きが使えると、すごく変わるはず!!!」

         

        先生、これは涙がでるほど嬉しかったです。が、100発100中ではないの。

         

        あと、やはり気をぬいた音は音程不安定、個別対応忘れ。

        特に細かいオンプ。

        音程によるクチのなかのやりくり。

         

        ドレミの歌、言葉の切れ目をパキパキ。

        ただし、後ろをあけて、オペラチックに歌う。ほかのひとと合せなくてもよい。

        復習、復習。

        posted by: なもこ | CBC | 21:51 | comments(0) | - | - | - |
        CBC#69 口の中の容積
        0

          開け方が問題なのではなく、母音によって、容積が減ってしまうということなんだな。

          「あくびのように」といわれるとやはりあくびのような声にしかならない。

          「三角屋根の上を伝って、口から虹」

          なんだけど、結局はガガガのところに「細く」息を通せってことなんだと解釈。

          「細く」を忘れていたな・・・・。

           

          録音聞けばよいのだろうけど。。。その気力がわかない。

          「母音と音程、発音によって、くちの中をやりくりしている」そうだ。

          基本的にはひとつずつ開けていくんだけど、潰れたなと思ったら、

          またすぐあける。。。

          posted by: なもこ | CBC | 23:36 | comments(0) | - | - | - |
          CBC#68 クチの中に吐きこみ、背中は小林幸子!!!
          0

            うーん、
            いろいろな発声をためしてみたけど、
            クチの中をガッとあけて、クチは小さく開け、
            そして息は鼻に抜かず、クチの先50センチくらいにまとめて出す、とういのが今日の結論。
            高音は、壁に押し付けられてる感じ、これはおっけい。
            しょうがない。7月までを乗り切るか。。。
             

            posted by: なもこ | CBC | 00:57 | comments(0) | - | - | - |
            CBC#67 よくわからん
            0

              ソロ曲の練習。
              いろいろなところに響きを持ってくることができるようになったのだけど。

              結局、先生は口に入れた声が好きなんだと実感。
              後ろに息を立てる、圧力を高める、鼻腔に響す、口呼吸。
              これの全てを否定されるとなぁ。

              やっぱり、別な処方箋を書いてくれる先生のところにきちんと通おうと思う。

              posted by: なもこ | CBC | 00:22 | comments(0) | - | - | - |