PR
Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ようこそ
ブログパーツUL5
「なもこ」へのメールフォーム
直接の連絡は、こちらをご利用ください。
検索の多いトピック

●舞台用ヘアメイク(ペラ、声楽発表会、合唱本番)

●合唱の衣装(女声)

●第九合唱をうまく歌うコツ

●耳下腺腫瘍(多形腺腫)についてのまとめページ

New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
○先生レスん#27:ジャイアント馬場みたいな声からの
0

    前回の「劣化」にショックをうけ、ちゃんとやる気に満ち溢れた状態を作り、

    歌いたくてたまらない気分に盛り上げてからのレスン。発声はまぁまぁ。

    首の位置を2センチほど後ろに下げる。胸の前を開く、吸気時に小指でズボンの縫い目にふれる。

    姿勢の矯正だなー。ゼロダイエットを進められる。呼吸のところ。


    ・上ベクトルと横ベクトルの合成で声がでると考えると(理系っぽい說明をするね)、上ベクトルが弱い。ので、斜め方向になっている。上ベクトルが斜めっているというか。

    ・「前」の概念がちょっと違う。「眼より前」ではなくて、耳の穴が中心だとすると、中心は15センチほど後ろ。そこより前が前

    ・つぶつぶ。イイイイイと言い直す。

    しばらくツブツブを忘れていたなー。

     

     発声が軌道にのってきたところで、「かなりいいです」と言っていただき、その後衝撃のお言葉。

     ジャイアント馬場みたいな発声から、かなりクリアな発声に変わった!

     

    はうー(>_<) そうだったんだ!!!!!

     

    最近の悩み・・・「自分を出せ」問題について相談。

     そもそも、音楽のスタイルと、持ち声との相性がある。

     日本語、英語、イタリア語、のような感じ。

     バロック→古典派→ロマン派とカテゴリがあるとしたら、

     あなたの持ち声には、ロマン派よりも古典派があっていると、僕は思う。

     (なので、教会のアリアとか、ベッリーニとか)

     プッチーニ、ヴェルディはロマン派なので、スタイルにフィットするか?というと、

     「ロシア語でもっと怒りを表明しろ」という要求に見える。

     

    なるほど、プッチーニ、ヴェルディの要求する声質に合わないってことね。かなり納得。

     

    ※今調べたら、古典派音楽とは、巨匠バッハの死(1750年)からベートーヴェンの死(1827年)までをいうらしい。

    古典派時代の作曲家は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン、フランツ・ペーター・シューベルトなど。

    http://tuhan-shop.net/classic/mamechishiki/ma-ongaku-no-zidaito.html

     

     

    そして「基礎発声クラス」の「次回オペラ」の話をしたら、基礎発声とオペラが超アンマッチと言われた。ほんとそう思う(笑)。

     

    posted by: なもこ | マルケン | 23:23 | comments(0) | - | - | - |
    ○先生レスん#26:劣化!老化ヽ( ̄д ̄;)ノ
    0

      また何となーく喉に違和感があり
      まったく歌いたいかんじではなかったけど、
      レッスンへ。

      全てのトライが、老化している!!

      と!


      がーん。くっそー



      思ってもチカラが入らない。
      やはり、よる年波には勝てない。


      声だけは若々しく
      濡れ場かあるくらいてちょうどいい

      みたいなお話。

      あー。ガックリ。
      今度は体調万全で行くのだ。

      posted by: なもこ | マルケン | 16:52 | comments(0) | - | - | - |
      ○先生レスン#25
      0

        梅雨明けの今日、汗だくでレッスン室へ。

        いつもはすぐに汗が引くのだが、30分以上もドクドクと汗が出たままで、風呂上がりのようだ。

        今日はいつもと違う、広いお部屋へ。
        「オーディションはいい点数でした」と。pianoの先生の評価も高く「変わりましたよねー」と言ってらしたとのこと。
        よかったです!!もう今日はこれで帰ってもいいかも!!
        発声は一進一退。
        「イ」のクチの横幅と、「ア」のくちの顎の角度を更新しなくては・・・。
        すぐに戻ってしまう。
        リリカでおさらい会に出ることになり、トスカを持っていったのだけど・・。
        ばばくさいからやめろ
        とのこと。
        Quandmenboか、ドレッタか、Omiobabbinoの3曲のどれかが合っていると。
        急遽ドレッタの楽譜をコピーしてレッスンに。
        アーーのところ、後ろ中心、顎の角度、息の方向性が正しいときちんと出るから!!と言われてよしと思う。
        高いところ、歌詞はいわなくてよい、二回目のほうのVとかRをしっかりいう。
        前にやったときと違う方向に声が入った感じがする。
        汗だく、とにかく汗だく。
        posted by: なもこ | マルケン | 23:26 | comments(0) | - | - | - |
        ◯先生レスン#24
        0

          久しぶりのレスン。会社を変わったことなど結構話す。

          いつもの発声練習の一発目で、耳のよこを声が通って、うるさい!って感じになる。そうそう!

           

          「あと1か月ですごく変わりますよ」

           

          脱皮間近?10年めにしてやっと。

          他にレスンも合唱も行ってないし、クリーンな環境にいるからかな?

           

          「思っていたよりも、声帯の後ろを通す(そのためには首を倒さない)」

          「狙うのは真上(結果的にカーヴする)」

          「身体の中は忙しい」

          身体の感じを言葉にするのは大事だ〜。

          早く脱皮したい。

           

          「今までやってくれたことが、ひとまわりいい(よくできている)」

          「ラシ♯ドレミ が一番若々しくて、いい感じ」と。

           

          なんだかたくさん褒めてくださって、嬉しい。気分よく帰ってきた。

           

          細く細く、うしろにうしろに。大きな声は要らない。

           

          posted by: なもこ | マルケン | 23:44 | comments(0) | - | - | - |
          ◯先生レスン#23
          0

            くだりはブレーキをかけながら。ハ行を入れて良い

            クリアになってきました!

            かみこまない、横に引かない

            身体が暇だなだと思ったら減圧法などで対応していることを疑う!

            次、ベラニーチェ

            posted by: なもこ | マルケン | 01:37 | comments(0) | - | - | - |