PR
Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ようこそ
ブログパーツUL5
「なもこ」へのメールフォーム
直接の連絡は、こちらをご利用ください。
検索の多いトピック

●舞台用ヘアメイク(ペラ、声楽発表会、合唱本番)

●合唱の衣装(女声)

●第九合唱をうまく歌うコツ

●耳下腺腫瘍(多形腺腫)についてのまとめページ

New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
○先生レッスン初め2018
0

    10日ぶりのレッスン。正月は引きこもっていた話、AIスピーカの話など。

    やはり「アレクサ!」と呼びかけるのは「あ母音」と「k」と「s」の子音で、息が前に出て、ノドが枯れたのか。

    アンジェーリカの稽古の話、みんな息の流れがすごい話。

     

    いつもどおりの発声練習。地声と裏声の切り替えの部分はいつも難しく失敗する。

    でも、それ以外のところは、「細く縦に高圧」を心がけると、「オッケイ」がでることが多くなった。

    母音のイメージはもう少し縦で曖昧なんだな。

     

    カラマツ。繰り返しの違いはくっきりやる。助詞をべたっと伸ばさない。

    このままピアノ合わせと本番へ。

     

    仮面舞踏会の話をしたら、「アメーリアよりもオスカルのほうでよかった。そのほうが『テシトゥーラ』があっている」と。

    テシトゥーラ・・・イタリア語の辞書的には音域、声域。だけどちょっと意味が違う。「その人らしい」って意味が加わるそうだ。

     

    posted by: なもこ | マルケン | 22:42 | comments(0) | - | - | - |
    ○先生レッスン久しぶり
    0

      とってもひさしぶりな。前回が10月23日だったから、2か月あいたよー。

      その間、第九のオーディションと本番あり。今年はかなりカクカク歌ってきた。

       

      カクカク。カクカク。減圧しない。

       

      音の品質はよくなったので、音の出だし、腹筋の使い方などを工夫する。

      結構ほめてくださっている。嬉しい

       

      posted by: なもこ | マルケン | 21:00 | comments(0) | - | - | - |
      ○先生レッスン
      0
        考えを改める!!改心しましたと伝えた。
        「こういう声を出さなかったね」と。
        いや、そっちに入ったらいけないと思っていましたと。
        認識の違い。理解するのに1年かかる!!!
        posted by: なもこ | マルケン | 19:35 | comments(0) | - | - | - |
        ○先生レッスン 発声と歌のつながり
        0

          今日は発声練習がうまくできて、怒られた(゚∀゚)

           

          毎回、発声練習を数パターン最初の30分くらいをかけて実施するのだが、

          そのうちのいくつかで「そうそう!」「ブラボー」などと言ってくださることがあった。

           

          で、なんでこれを歌で使わないのか?という話になり、

          正直に「発声と歌がつながっていない、アレはアレ、これはこれって感じ」

          と言ったら、先生、泣いてた。。

           

          じゃ、この技術を、絶対に使ってやる、という考え方にする、と約束。

          具体的には、「頬吸い込みハミングでせまいところを通る感じ」と「低音域のツツツ(小さいつぶつ)」

          そうだよなぁ。

           

          頬吸い込みハミングのせまいところを通る感じは、クチをあまりあけないほうが成功する。

          これは今までの歌の感じとは真逆をやることになる。

          きっとこっちなんだろうな。しばらくこれで試してみる・・。

           

          先生の指導は一直線、一本の数直線の上のどこかの話をしている。

          違う次元、宇宙から、とかそういう話ではない。そこは明確でクリアだ。

           

          「落葉松」をやることになり、減圧しないでツツツとうたう、「シ」問題。

          シはスィにならないように、「si」+「イー(エに近い)」やる。

           

          posted by: なもこ | マルケン | 23:06 | comments(0) | - | - | - |
          ○先生レッスン:細く、とにかく細くはきあげる
          0

            クチがよこあきすぎる。

            あまりに「構えない」で歌いすぎる(準備たりない)

            これの補正。

             

             

            posted by: なもこ | マルケン | 22:42 | comments(0) | - | - | - |