ヘアメイクについて【舞台用、合唱本番用】

  • 2017.07.18 Tuesday
  • 23:26

先日、某声楽発表会のヘアメイクをボランティアで頼まれて、担当してきた。楽しかった。その時に思ったことを書く。

 

●舞台顔は作るもの、もはや自分の顔ではないと思え。

・え、こんな濃いメークは嫌

・チークを入れる場所はもっと下

・(手鏡をみて)濃すぎて気持ち悪い

などと言われたが、うるさい。舞台ではこれがいいの!

もうアナタの顔ではないの。舞台でどう見えるか、どう見せたいかなの。背景や大道具と一緒なの。

舞台でどう映えるかを計算してメイクしている。普段の顔やメイクの濃さは、まったく関係ない。

 

●ヘアスタイルは、前髪にこだわるな。

・どうしてもおでこを出せないひとがいる。傷やアザがあるわけではない。

「おでこをだすのがいやなの」うるさい。舞台ではこれがいいの!

・前髪があると、その分、上からのライトがかえって影をつくり、

 まるで「マスケラ仮面」か「オペラ座の怪人の仮面」をかぶったように、影になる。

・舞台用に計算して髪型をつくっている。普段のおでこを隠すことへのこだわりは、まったく関係ない。

 

●ていうことで、文句をいわず、作ってもらったとおりにそのままで舞台に乗りなさい。

もはや普段のアナタではなく、舞台の一部となって、素敵な歌や演技ができるのだから。

 

●合唱だからノーメークでいいの←よくない!!

「誰も見てないし、合唱だから(メイクしなくても)いいの」。うるさい。誰が”ふだん顔”(普段着でなく)の合唱団のひとをみたいものか。晴れの本番なんだから、ヘアメイクは、演奏に資するようにしなさい。「あなたの普段」には誰も興味はない。

 

●ポイント

・プロのヘアメイクアーチストではないので、最低限のファンデーション、アイブロー、アイライン、チーク、よいと思う口紅、までは自分でやってほしい。仕上げに「盛る係」なのである。

 

・ファンデーションは、勝手に塗るとかぶれたりが怖いので、ご自分のを使ってほしいが、あまりに薄付きでシミが丸見えだわ・・・。お粉も自分にあったのを持参おねがい。

 

・アイブロー(眉)、「普段なにも手入れしないの」という主張はわかった、うるさい。でもここで今、アイブローハサミを持ち出すわけにはいかない(明日から「何も手入れをしない会社員」に戻るから)。そのまま、元の形をいかして書き足すことになる。できれば、眉じゃない部分に生えている毛はカットしてきてほしい。

 

・アイラインは、まつげの内側の粘膜部分に最初は書く。ありえないほど、太く3ミリ程度書く。目尻で上下をつなげて、自分の目との隙間にできた「三角形」を埋める。ここまで自力でやってほしい。その後は、つけまを貼って、そこから、リキッドアイラインで書き足してあげる。

 

・口紅は、自分でよいと思うまで、塗ってみて。たいてい、こちらの思う、3割くらいしか塗れていない。そもそもリップペンシルや紅筆を持ってもいない人がいる。自分のもとの唇の外側にはみ出して、大きく書くのよ。

 

・チークは、ありないほど赤く、丸く。「普段はそこに塗らない」主張はわかった、うるさい。ライティングの下で映える頬、恋する乙女の頬を作っているのだ。

 

参考)チャコットのバレエメイク(下まぶたのラインの書き方が”バレエ”なだけで、他はすごく参考になる!)

何をどうしたらよいかわからない人はまずこれを見よ。

https://www.youtube.com/watch?v=JWdm0pX8e_0

 

繰り返すが、「あなたの普段」には、誰も興味ない。舞台や音楽に資することに専念しなさい。

 

この秋からの、第九本番、演奏会本番では、ぜひ、自分の「ふだん」を忘れて、演奏に資するヘアメイクをしてほしいと思う。

白ブラウスには、白いアイシャドウもよいかもね。

 

 

 

耳下腺多形線腫30:皮膚科治療

  • 2017.06.17 Saturday
  • 14:46

職場が変わってしまったので、皮膚科も行きにくくなってしまったのだ。土曜の午前の診療終了ギリギリに駆け込む。

 

シカケアはまだ続けたほうがいいですね。

汗をかいたりして、蒸れてくるようなら、はずして休んでください。かぶれたり、あせもになりますので。

 

赤い線になっているのは、血管が拡張しているから。先の方の白いところは早く治っている。このくらいにはなるはず。

デコボコしているところはない。あとは、赤いボールペンで書いたような ∫ ←こんな痕が消えればな。

 

JUGEMテーマ:健康

耳下腺多形線腫29:定期検診「とてもいいですね!」

  • 2017.06.15 Thursday
  • 14:10

4月以来の外来。レプタイル先生(夫が先生のことを爬虫類ぽいというので、このあだ名になってしまった。すみません。ここは読んでないと思うけど)。

 

顔の運動のテスト、つっぱり感の話し。「ミリ単位にしびれがとれていく感じ」。

口笛もほぼ音がなるようになった。ウとオのつっぱりもかなり改善された。

小鼻から耳へのラインがまだちょっと突っ張る。


かなり、いいですね!」笑み。
「今ごろ、いいですね、となると思っていました。かなりよいのです。

「腫瘍は取りきれているので、あとは顔の神経の回復を見ていくことになります。
身体が若いから、回復が早いですね!」

 

自分の中で

身体が若いから、

身体が若いから、

身体が若いから、

身体が若いから、  がこだまする(笑)。


「先生の腕がいいからですよ^_^」(言えた!)

 

パソコンに向かっていた先生は、くるりとこちらに向き直って
「僕たちは患者さんの回復力に依存した仕事なのです。そんなことないです。」

ありがとうございました。

次回、9月。3ヶ月おきでOKになった。

 

ちょっと混んでいたけど午前の部の終わり頃で会計も待たずに済んでよかった。

JUGEMテーマ:健康

耳下腺多形線腫29:【皮膚科治療】順調

  • 2017.04.28 Friday
  • 22:57

保険証がかわって、やっと皮膚科にいけた。

今日はなぜか混んでいて30分まち。呼ばれて診察台の上で横になって10分待ち。ウトウトするところだった。

 

シカケア、ほぼ毎日。「あぁ!よくなって来てますね」「一箇所硬い所が耳の裏にあるけど、様子をみてそのままなら、次回注射しましょう」「赤みは血管拡張なので、そのまま経過をみましょう。「シカケアは、基本的に続けるが、かぶれたりしたらやめるなど調整してみて」「日焼けはしないように。アルミホイルを貼ると良い(!)」

 

次回6月梅雨入り前に。汗をかくとグダグダになるから?

 

まだ、赤いんだよなぁ・・・・(´・ω・`)ションボリ

血管拡張ってなんだ?

#292 うまく入ったとき

  • 2017.04.24 Monday
  • 23:30
ハイCから先のEsなど、ここのレッスンに来たときは出なかった。
いつの間にか出るようになし(先生に出させられ)、先生も出るようになったと(!!!)。
先生いわく、
「クチの前から奥にかけて、かまぼこ板みたいなのを斜めに突っ込み、それをガッ!!!と前に回転させるような感じ。それによって、いままで20何年間使ったことのない粘膜の部分の、今までと違うところに空気を通すことができるようになって高音が出るようになった」
「斜め方向をガッと回転」はよくわかる。たしかにハイCあたりから違う場所に入る。そしていったんそこがあくと、その後の中音域もぜんぶそこに入り、楽ちんな発声になる。(最初からその発声練習をやろう。)
音域によって、ここは胸声を使う、ここはミックスボイス、、、などとウダウダやってきたけど、まったくの間違いだったなと思う。
すべて、どの音域も同じ。ノドの後ろ(声帯の後ろ側)に息を通す。圧力をためてから、声をだす。その圧力をかけ続ける。
これなんだよな。このことを、いろいろな先生がいろいろな表現するんだ。
ジルダ、アンサンブル。テノールのクラスメイトが増えて、重唱できるようになった。楽しい。練習しないと。やることがたくさんあるんだ。

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

ようこそ

ブログパーツUL5

「なもこ」へのメールフォーム

直接の連絡は、こちらをご利用ください。

検索の多いトピック

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM