PR
Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ようこそ
ブログパーツUL5
「なもこ」へのメールフォーム
直接の連絡は、こちらをご利用ください。
検索の多いトピック

●舞台用ヘアメイク(ペラ、声楽発表会、合唱本番)

●合唱の衣装(女声)

●第九合唱をうまく歌うコツ

●耳下腺腫瘍(多形腺腫)についてのまとめページ

New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
#306 Wヘッダーレスン(土管の形成続く)
0

    アンジェーリカの稽古では圧倒される話、みんな声の色があるなぁと。

    わたしにも「声の色がある」と言ってくださる。そうなのか??

    Wヘッダーのレスンだから、発声練習はほとんどOK。

    問題はウタだなぁ。イタリア語をしゃべるように、「お経のように、レガートに歌う」が難しい。

    暗譜をしなくては。

     

     

    posted by: なもこ | 歌レッスン(L)(2009- | 22:57 | comments(0) | - | - | - |
    ○先生レッスン初め2018
    0

      10日ぶりのレッスン。正月は引きこもっていた話、AIスピーカの話など。

      やはり「アレクサ!」と呼びかけるのは「あ母音」と「k」と「s」の子音で、息が前に出て、ノドが枯れたのか。

      アンジェーリカの稽古の話、みんな息の流れがすごい話。

       

      いつもどおりの発声練習。地声と裏声の切り替えの部分はいつも難しく失敗する。

      でも、それ以外のところは、「細く縦に高圧」を心がけると、「オッケイ」がでることが多くなった。

      母音のイメージはもう少し縦で曖昧なんだな。

       

      カラマツ。繰り返しの違いはくっきりやる。助詞をべたっと伸ばさない。

      このままピアノ合わせと本番へ。

       

      仮面舞踏会の話をしたら、「アメーリアよりもオスカルのほうでよかった。そのほうが『テシトゥーラ』があっている」と。

      テシトゥーラ・・・イタリア語の辞書的には音域、声域。だけどちょっと意味が違う。「その人らしい」って意味が加わるそうだ。

       

      posted by: なもこ | マルケン | 22:42 | comments(0) | - | - | - |
      ○先生レッスン久しぶり
      0

        とってもひさしぶりな。前回が10月23日だったから、2か月あいたよー。

        その間、第九のオーディションと本番あり。今年はかなりカクカク歌ってきた。

         

        カクカク。カクカク。減圧しない。

         

        音の品質はよくなったので、音の出だし、腹筋の使い方などを工夫する。

        結構ほめてくださっている。嬉しい

         

        posted by: なもこ | マルケン | 21:00 | comments(0) | - | - | - |
        第九本番@上野文化会館
        0

          歌ってきた。今年は大変だったので、いろんなことが思い出された。

           

          常にささえてくれたのは、Freunde(友達)!本当にありがたい。

           

          そんなことを考えながらも、それでも4楽章は、きっちりタスクをこなしてきたつもり。

          第九を歌ったことがある人がきけば、驚くような作りになっている。

          オケの人は、1楽章から驚いたそうだ。

          高関先生すごい。ソリストすごい。こんな第九もあるんだなぁ〜

          posted by: なもこ | 出演したよ | 21:17 | comments(0) | - | - | - |
          #305土管工事再び、このまま第九に乗る
          0

            おー、おー、おー。土管を太くする工事の続き。

            このまま第九の本番にGO。多分ノドが痛くなるかも。

            この後忘年会

            posted by: なもこ | 歌レッスン(L)(2009- | 21:15 | comments(0) | - | - | - |
            #304おー、おー、おー
            0

              土管を太くする工事

              posted by: なもこ | 歌レッスン(L)(2009- | 21:14 | comments(0) | - | - | - |
              #303憧れのビブラート
              0

                憧れのビブラートが、どうやら、かかるらしい!!!

                その条件は・・・

                ・ノドと気道が一体化して一本の通路がデキた感じのとき

                (先生の表現「頭とおなかがつながった」「胸骨の間からスタートしている」)

                ・やや斜め下をむき、後ろ側があいた状態

                (1メートルくらい先の地面の穴に声をいれていく)

                ・言葉にとらわれずクチのかたちがあまりかわらないとき

                 

                音域は、真ん中のソ〜シだった。あぁ、また先がでてきた。

                posted by: なもこ | 歌レッスン(L)(2009- | 22:11 | comments(0) | - | - | - |
                #301その後
                0

                  すっかり、ドカンになる方法も、これをやれば成功する、も忘れてしまい、

                  中音域が非常に出にくい状態でレッスンスタート。

                  気道をせまくして、圧力をかける、歌いにいかない。1メートル先の穴に入れる。を繰り返すとなんとなくうまくいく。

                  あぁ、つかめたと思えば捕まらず。

                   

                  「うらやましい、と思う人がいるのよ」「どーだ!」って感じで歌ってごらん。

                   

                  はぁ!!

                   

                   

                  posted by: なもこ | 歌レッスン(L)(2009- | 22:17 | comments(0) | - | - | - |
                  #300パルンボレッスンのフィードバック
                  0

                    パルンボ先生のレッスンをうけた先生のレッスン。

                    結局、結局、まっすぐ、クチも息の方向も変えず!!!

                    ソラシラソ、オで。
                    でも、息の方向は変えない。
                    減圧しないでひとつずつ、くだりも変えない。

                    おなかと、声の出口を分離。
                    パルンボ方式、息を吸うと、背中に入れると。
                    目の前のマトにはクチから前回しだったり、
                    おなかから下回りだったり。

                    チューリップ全開から、富士山型へ。八。きっと、息の出だしも細いんだろうな。

                    マル先生レッスンとつながった!
                     

                    posted by: なもこ | 歌レッスン(L)(2009- | 21:21 | comments(0) | - | - | - |
                    #299歌レッスン
                    0

                      オスカルと修道女。

                      とにかく、息をながす!


                       

                      posted by: なもこ | 歌レッスン(L)(2009- | 21:21 | comments(0) | - | - | - |